MENU
DIY

牛乳パック板氷はクーラーボックスに入れて置いたら何時間持つのか?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

以前、牛乳パックで氷の保冷剤(板氷)を作りました。

牛乳パックで作る氷の保冷剤の作り方【BBQに便利な板氷】BBQやキャンプなどで、食材や飲み物をクーラーボックスに入れて運ぶことも多いと思います。 でもその度にスーパーやドラッグストアに売...

さてさて『溶けない氷』とも言われるほどの牛乳パック板氷は、クーラーボックスで何時間溶けずに残っているでしょうか。

夏の熱い時期と冬の寒い時期では、クーラーボックスの性能や外気温によって氷の溶けるスピードが違うので一概に比較出来ませんが、今回は12月上旬の使用で検証してみたいと思います。

当日の気温は最高気温15℃・最低気温6℃で、天気は晴れでした。

 

【下準備】牛乳パックの板氷が溶け出しても良いようにひと工夫

牛乳パックの口はガムテープで軽く留めているだけなので、溶けてきたら間違いなくこぼれ出します。

 

そのため1つ1つをジッパーの袋に入れて、水がこぼれないように対策をしました。

ジッパー袋は、マチ付きだと牛乳パックもすんなり入ります。

 

 

【詰め込み作業】クーラボックに牛乳パック板氷と食材を入れる

こんな感じで、牛乳パック板氷で冷凍食品を挟んで保冷しました。

今回は牛乳パック板氷6本を使って、絶対に溶かしたくない冷凍食品やアイスを中心に、クーラーボックスいっぱいに食材を詰め込みました。

板氷が場所を取るので、あまり食材を入れられないですね。

 

さて集合場所までは車で20分弱。

冷凍冷蔵庫があるので、食材はすぐに入れることは出来ますが、問題は手作り板氷がどれくらい溶けるのか・・ですよね。

約5時間ほど、クーラーボックスに入れたまま放置しておきます。

 

【結果】クーラーボックスに入れた牛乳パックの板氷はどれくらい溶けたのか?

約5時間、室内の台所(暖房なし)に置きっ放しにしました。

クーラーボックスの開閉は、最初に食材を取り出した時と、最後の片付けで食材をしまい込んだ時の2回のみです。

結果は・・・

ほとんど溶けた形跡すらありませんでした。

やっぱり冬の季節ということもあるでしょうね。

そのまま冷凍庫に戻して、また使えるようにスタンバイしています。

 

まとめ

冬の季節の牛乳パックの板氷は、まったくと言っていいほど溶けませんでした。

今度は夏の季節に再チャレンジしてみようと思います。

もしかすると板氷の溶けやすい・溶けにくいは、クーラーボックスの性能にも関係するのかもしれませんね。